See Other Hospitality and Tourism Stories

インターコンチネンタルホテルズグループ

インターコンチネンタルホテルズグループ

Highlights

  • グローバルに5000以上のホテルを持つホテルグループ
  • 優れたゲストエクスペリエンスを提供するためには、最先端を維持することが必要
  • Meraki導入後、ゲスト満足度が10%以上向上

2016年にグローバルで64億個以上のデバイスが導入済みとなっており、ガートナーの調査によると2020年までにその数は3倍となり、その後も毎年増加すると予測されています。現代社会における消費者の期待として、お手洗いや水道を利用するのと同じくらい、建物に入った瞬間に シームレスにWi-Fi接続される事が当たり前になってきています。この様な接続性に対する高い期待値がある限り、迅速、そして安定しているインターネットアクセスを提供することが重要となっています。また、消費者が自宅にいる時と同等、もしくはそれ以上の良い体験が出来ることを期待している場所の一つがホテルです。

インターコンチネンタルホテルズグループ(IHG)は、100以上の国で5,000以上のホテルを所有しており、12のブランドを運営しています。 IHGはこれを差別化の機会として見ており、 Ciscoと提携してゲストのインターネット体験を変え、将来のための基盤を構築する決断をしました。

ニューヨークのインターコンチネンタル・バークレイ(Intercontinental Barclay)のホテルマネージャー、ショーン・オルムステッド(Shawn Olmstead)氏は、「ホスピタリティ業界が直面している最大の課題の1つはテクノロジーです。 私たちが住んでいる世界は常に進化し続けています。テクノロジーの最先端を維持し、引き続き優れたゲストエクスペリエンスを提供する必要があります。」と述べております。

IHGは、グローバルで共通のシームレスWi-Fi体験を提供するプラットフォームを実装することに着手し、ロイヤリティプログラムとCRMシステムに統合されたこの細かいデータにより、IHGはゲストエクスペリエンスを継続的にパーソナライズし、 ゲスト満足度を向上させることに成功しました。ゲストは、モバイル端末を利用して、チェックイン・アウト、ルームサービス、必需品、荷物のピックアップなどのサーピスに気軽にアクセスすることができます。

IHGのグローバル・ホスピタリティ・テクノロジ担当副社長であるジェフ・エックハード(Jeff Eckard)は次のように述べています。
「私たちはゲストのインターネットエクスペリエンスを変える任務に就いています。シスコのインフラストラクチャは、この変革のための一貫性と信頼性の高いグローバルプラットフォームを提供しています。私たちは、IHG Connectプラットフォームを導入して以来、ゲスト満足度スコアが前例のない2桁の増加を見せています。」

同社は、一貫性のある経験と豊富なゲストサービスを提供するために、グローバルにある全ての拠点 (シェアードおよびフランチャイズ)にシスコネットワークを標準化しています。

アクセスポイント、スイッチ、およびファイアウォール含むCisco Merakiスタックにより、IHGは、地域内のサービスプロバイダーに影響されること無く 、すべてのプロパティでCloud Wi-Fiエクスペリエンス展開しました。彼らは現在、各ホテルのWi-Fi体験の可視性と制御力を持ちながら、ネットワークを簡素化し、サービスプロバイダーからのサポートを30%削減させました。

接続されたデバイスの普及に伴い、安全で信頼性の高いゲストネットワーク最優先事項とされています。IHGはこの急速な成長を目の当たりにしており、滞在中のあらゆる面で快適な体験を可能にするためにその特性が十分に備わっていることを保証しています。新しいシステムの導入完了後、ロイヤルティプログラムを10%増やすだけでなく、データセンターの運用コストとホテルインターネットサービスプロバイダ(ISP)のコストを500万ドル削減できる見込みです。

IHGは、優れたゲストインターネットエクスペリエンスを促進すること、ロイヤリティを構築し、将来の技術イニシアチブの基盤を構築しそれらが接続されているサービスを拡張することによって、ホスピタリティ業界をリードしています。このプラットフォームは、 効果的な運用管理を実現し、最適な在庫管理、 リソースの使用、人材育成、セキュリティを保証等様々な場面で役立っています。