クロック信号部品に関するお知らせ email

お客様

2016年11月に、Cisco Meraki の2つの製品ラインに影響を及ぼす部品の問題を発見しました。問題のクロック信号部品は、Meraki MX84セキュリティアプライアンスやMS350スイッチラインなど、ネットワーキング業界で広く使用されています。

製品の故障は、機器が約18ヶ月間稼動した後、年々増加すると予測しています。お客様の機器にこの問題に関連する障害が発生する前に、影響を受けた製品を積極的に交換するための対策を実施いたします。

部品の問題は調査され、対策法が設けられました。 Meraki は、この問題から影響を受けないMX84およびMS350の在庫をしており、故障の恐れがある機器を交換するために可能な限り迅速に動いております。 Meraki は現在、この問題から影響を受けない機器のみを出荷しています。

影響を受けた機器を持つすべてのお客様に直接ご連絡をいたします。公平な交換を実施するために、機器がMeraki クラウドに初めて接続された順に交換されます。交換機器が出荷準備を整い次第、お客様にご連絡いたします。Meraki から連絡を受け、プリペイドの返品ラベルを受け取るまで、返品をご遠慮いただくようにお願いをいたします。

この問題、そして製品交換をすることでお客様にご迷惑をおかけいたしますことをお詫び申し上げますとともに、ご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

次のステップ:

こちらのページよりクロック信号部品のお知らせとよくあるご質問をご覧ください。

https://meraki.cisco.com/blog/clock-signal-component-issue/

ご案内、およびお客様のネットワーク内で影響を受けた機器の一覧表をご覧になるには、ダッシュボードの “Help / Replacement info” をご確認ください。

Cisco Meraki チーム一同